Color C : クリスタルデスクランプベッドルームベッドサイドランプヨーロッパのクリエイティブなデスクランプ LRW 9b539xwqo41271-卓上ライト

建設現場用のものなどを緊急に集めて運ばなければならず消費しながら買い足していくという「ローリングストック」が注目されている

Color C : クリスタルデスクランプベッドルームベッドサイドランプヨーロッパのクリエイティブなデスクランプ LRW 9b539xwqo41271-卓上ライト

伝統芸能で訪日外国人客を開拓。外国人留学生らが企画

ご注文確定(お支払い完了)より、4〜12営業日で出荷致しております。
提携業者より弊社の配送センターに輸送後出荷の為、少々お日にちを頂戴しておりますので、ご了承いただきますようお願いいたします。
お盆やGW、年末年始などの祝日や大型連休は、提携業者がお休みの為、発送が遅れてしまうため予めご了承下さいませ。

店頭でも同時販売を行っている為、完売となってしまう事もまれにございますが、その際はすぐにこちらからその旨をご連絡して、返金処理をさせて頂きますので、ご安心下さい。
また、完売していても生産工場からの取り寄せ可能な場合は、その旨もお知らせさせて頂きます。

ご注文いただく際に、在庫の確認をメールにして行っていただけましたら、その時点での在庫をお知らせいただきますので、是非ご注文の前に一度在庫確認をしていただければ幸いでございます。

当店発送の場合、全ての商品の納品書等の送付は省いておりますので、必要な場合は注文確認メールを印刷してご利用下さいませ。



サイズ:
カラー:C

結晶技術の卓上ランプ。

適用範囲:リビングルーム、ダイニングルーム、通路、研究、ベッドルーム。製品の電圧:110V - 240V / 220V - 50Hz。

LRW クリスタルデスクランプベッドルームベッドサイドランプヨーロッパのクリエイティブなデスクランプ Color : C
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、映画「ねぼけ」の題材となった新富町・新田(にゅうた)神社の「新田神楽」について、外国人留学生が体験を通じて観光コンテンツの開発を行います。

これは、現在新富町に滞在中の外国人留学生が、伝統芸能である神楽の準備から当日までのプロセスに関わる取り組みです。2名の外国人留学生が体験を通じて観光コンテンツを開発します。

大光電機 ペンダント(ランプ付) LED電球 7.8W(E26) 電球色 2700K DPN-40475Y

特徴:伝統芸能をエンターテイメントではなく暮らしの営みとして体験

今回、外国人留学生2名は毎年2月17日に奉納される新田神社の神楽について、設営に参加。地元の方々や地域おこし協力隊と作業を共にしながら、暮らしの営みとしての神楽を体験していただきます。

新田神社:映画「ねぼけ」(第39回モントリオール映画祭出品作品)の題材となった神社
※「ねぼけ
※「新田神楽」DBK-40046Y 大光電機 照明器具 ブラケット DAIKO (DBK40046Y)

他の地域では、インバウンド向けのエンターテイメントコンテンツとして、実際に舞手になれたり、衣装を身にまとったりすることができるものもあります。一方、こゆ財団では神楽が土着の文化として「暮らしの営みのひとつ」であることを重視。奉納に至るまでのプロセスを中心に、外国人が共感・感動できるポイントがあるかに注目しています。

担い手不足の伝統芸能にあって、こゆ財団では外国人がその意味・意義に触れ、担い手としてコミュニティを支える事例も創出したいと考えています。今回の取り組みは、その端緒となるものです。

背景:外国人留学生の実体験とフィードバックを最優先

冷蔵庫にあった食べ物を賞味期限が迫ったものから食べていくしかなかった 料理レシピを紹介するサイト「クックパッド」が検索ワードの動向を分析している

天然記念物「座論梅」で開催された梅まつりにおいて、外国人留学生は餅つきなどに参加。体験を通じてその由来や受け継がれている理由などを学びました。

安倍総理を議長とする「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」は、に『2020年に4000万人訪日、8兆円消費』という新たな訪日外国人の目標値を示しました。実際にには、訪日外国人の数が3,000万人を突破しており、数字は着実に伸びています。

モダンLEDクリエイティブベッドサイドベッドルームの鉄の壁ランプ北欧の通路リビングルームレストランパーソナライズされたファッション簡単な装飾的な壁ライセラミックテーブルランプE27光源の布ランプシェードベッドサイドランプクリエイティブセラミック調光器のデスクランプ居間 色 : A, サイズ さいず

これを追い風として、地域では独自性のある着地型観光コンテンツを開発したいと考えていますが、マーケティングや体制づくりに時間と人手を要しているケースが多く、機会を生かしきれていないのが実情です。

こゆ財団では機会損失を避け、ユーザーである外国人にまず体験してもらい、意見を集約しながらスピード感を持ってコンテンツを開発することを選択。今回参加する外国人留学生は、2月3日(日)に町内で行われた天然記念物「座論梅」の祭りもすでに体験済みで、太鼓や雅楽といった芸能や、蕎麦・ぜんざいといった食文化に触れることで感じた魅力をフィードバックしていただいています。

今後の展開:外国人留学生の定期的な体験を促進

に神楽が奉納される新田神社。今後も継続して外国人留学生の参加を計画しています。

こゆ財団では、今後も定期的に外国人留学生の受入を計画。毎年2月17日に行われる新田神社例大祭への参加を通じて、インバウンド目線での価値発見、情報の蓄積を継続していきます。

また、「座論梅梅まつり」や各種神事、古墳関連のイベントなどにも積極的に参画。町内に残る伝統行事の担い手確保に向けて、情報発信を行っていきます。

地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー
読売新聞調査研究本部主任研究員兼編集委員の佐々木達也が深く掘り下げる